虫歯から歯を守る!

‪こんにちは。中野区 新井薬師前駅徒歩4分 中野通り沿いにある歯医者さん コンデンタルクリニックの辻です。‬

9月に私が担当したブログで虫歯についてお話しました。虫歯がなるには
1.糖
2.歯質
3.細菌
の3要素が重なった時でしたね。

前回は「1.糖分の取り方」についてでしたが、今回は「2.歯質」についてお話します。

歯垢の中では食事のたびに酸が産生されて歯のエナメル質からカルシウムとリン酸が失われることにより、歯が溶け始めます。
このことを「脱灰」と言い、このまま脱灰が進めば歯質に穴が空き、虫歯になります。
逆に「再石灰化」とは唾液中にあるカルシウムとリン酸が穴のあいていない脱灰している部分に再沈着することをいいます。

つまり脱灰している時間が長ければ虫歯がどんどん進行していきますが、再石灰化を促進すれば、目に見える穴があく前、つまりごく初期のむし歯で、表面が白く濁っていたり、表面的な褐色が認められる状態の時からでも管理はすることが可能なのです!

ですから唾液による再石灰化を促進させることがポイントですので、歯をしっかり磨くのは勿論ですが、キシリトールガム(虫歯になる糖質が入っていないもの)を噛んで多く唾液を出すことをオススメします!

当医院でお買い求めいただけるキシリトールガムの「ポスカF」は特許成分POs-Caの働きでお口の中の環境に働きかけ、唾液のミネラル成分を歯と同じ成分に近づけることにより、再石灰化を実現しています。

それだけではなく、こちらのガムはフッ素が入っているガムなので、唾液が出るだけでは無くフッ素の力で更に歯質を強くします。

フッ素が歯を強くするという事は皆さんご存知だとは思いますが、具体的には

①脱灰の抑制

②再石灰化の促進

③耐摩耗性の向上(削れにくくなる)

④抗菌作用がある。
という4つの特徴があり、とてもオススメです!

歯磨き粉だけではなく、ガムでもフッ素を取ることができますね♪

勿論、歯磨きがしっかり出来ている事が一番大切ですので、歯磨きはしっかりしましょう♪

歯ぎしりしていませんか?

こんにちは。中野区 新井薬師前駅徒歩4分 中野通り沿いにある歯医者さん コンデンタルクリニックの唐澤です。

顎が痛い、歯がかけてしまった、家族に歯ぎしりを指摘された、、
歯ぎしりに思い当たりがある方もいるかと思います。

歯ぎしりと聞くと寝ているあいだに歯を強くギリギリと擦り合わせたり、噛みしめるイメージがありますが、実は強いちからでなくても歯を接触させ続けることをいい、これを歯科用語でブラキシズムといいます。

上下の歯が常に接触している状態をふつうと思っている方もいるかと思いますが、実は歯が接触する1日の平均時間は約17.5分と言われています。

実は、食事をするとき以外は歯は接触ていない状態が正常なのです。

リラックスしているときに上下の歯が接触し続けていたらそれはブラキシズムであり、夜間の歯ぎしりにつながります。

日中のブラキシズムが起こりやすい場面は

緊張するシーン
・人との交渉
・苦手な人との会話

うつむいているシーン
・勉強
・読書
・スマートフォン

集中するシーン
・精密作業への従事
・調理、清掃、洗濯
・テレビ、スマートフォン

ひとりで黙々と集中して行う作業をしている時間にブラキシズムをしている可能性が高いです。

まずはじぶんがいつ噛み締めているか意識する事により、気づくということが大切です!

ただブラキシズムが習慣になっているとなかなかすぐに改善することが難しいです。

テレビを観ているときにブラキシズムをしているようであればテレビの近くに

・リラックする
・ちからを抜く
と、書いた張り紙を貼ることもいいことです。

また歯科医院でマウスピースを作ることもひとつの改善策でしょう。

噛み締めを続けることで歯周病が悪化したり歯が折れてしまったり、歯が削れてつめものが取れてしまう可能性もあります。

心当たりがある方はもちろん、自分や家族はブラキシズムしているのかな…?心配な方もぜひご相談にいらしてください。

患者さんが通院しやすい歯科医院とは?

こんにちは。中野区 新井薬師前駅徒歩4分 中野通り沿いにある歯医者さん コンデンタルクリニックの江崎です。
明けましておめでとうございます!今年もよろしくお願い致します!

今回は、患者さんがどんな歯科医院だったら通院しやすいのかということをお話したいと思います。

まず、”歯医者”という言葉で不安になってしまったり、「明日歯医者だ…」と緊張してしまう方もいるかと思います。

患者さんが普段行っている歯科医院で満足している理由で圧倒的に多かったのが、1位 歯科医師の応対がよいで*74.1%*、2位 治療の説明がわかりやすい42.4%、3位 スタッフの応対がよい36.2%、 4位 医療技術のレベル
が高い23.9%、5位 待ち時間が短い21.1%でした。

歯医者に来て、スタッフの応対が悪かったり、笑顔がないと”こんなところ二度と来たくない”と思いますよね。なので私たちスタッフは、”笑顔(^^)”を心がけています。

患者さんには気持ちよく、ここに通院できて嬉しい、患者さんにも笑顔でおかえりいただきたいと思っています。

そして、歯科医院を選んでいる基準で多いのは、通いやすいだと思います。

通うのに不便だと、”行くのがめんどくさい” “駅から遠いから嫌だ”と様々な理由がありますよね。以下のグラフを見ていただくと、

1位 通うのに便利2364pt、2位 先生の応対がよい1536pt、3位 技術レベルが高い1319pt、4位 治療内容を説明してくれる658pt、5位 口コミ・近所での評判がよい546ptでやはり、通うのに便利なのが歯科医院を選ぶ基準なんだというのがわかりますね。

そして、反対に歯科医院で不満に思うことは、

1位 待ち時間が長い1062pt、2位 治療期間が長い967pt、3位 治療費の中身がわかりにくい884pt、4位 技術レベルが低い636pt、5位 先生の応対が悪い608ptでした。

やはり、待ち時間が長いと困りますよね。”5分前に来ているのに、10分以上待たされている…”なんてことに。

この時間に予約をしているのに、その時間を過ぎたら予約してる意味がないと思われてしまうのもおかしくありません。

医院側では一生懸命に治療をしているので、少し延びてしまうことはあります。

ですが、少しでも延びないよう時間通りに終わらせるため、私たちは必要な道具、器具を準備して動いています。患者さんに不快な思いをさせないよう心がけています。

これからも、患者さんに安心して来ていただけるような歯科医院にしていきたいと思っています。

オーラルフレイルって知っています⁈

こんにちは。中野区新井薬師前駅徒歩4分 中野通り沿いにある歯医者さん コンデンタルクリニック院長の今です。

今回はあまり聞きなれない言葉かもしれませんがオーラルフレイルについてお話したいと思います。

健康寿命という言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、言葉通り人が一生の中で健康でいられるまでの年齢です。それに対して生物学的寿命というのは死ぬまでの年齢です。これらの差を不健康寿命とも言います。

不健康寿命とはすなわち、健康な状態から病院などに通い始めて、要介護状態になってしまう期間です。その期間は男性で9年間、女性で12年間ぐらいだともいわれています。

「フレイル」という状態は、人の老化の過程における「健康」と「要介護状態」の中間であり、健康障害につながる心身の脆弱な状態であると同時に、ストレスに対する予備力の低下に起因した状態と定義されています。・・・ちょっと難しいですね。

ただ超高齢化の現代社会では、多くの人が徐々に自立度を低下させて、フレイルという状態を経て要介護状態に至るということが、様々な研究機関で報告されています。

全身に影響を及ぼすフレイルと、口腔機能とのかかわりはどうでしょうか?

身体機能・精神機能が低下していくと、すなわちフレイルの状態になっていくと口腔機能の低下も見られるようになります。はじめは、食事時間の延長や、ちょっとした食べこぼしやムセ込みなど。また不具合のある義歯の長期装着や未治療の歯の状態によって、出かけることや、外食を避ける原因にもなり、だんだん閉じこもってしまう傾向にあります。このように口の中の問題から、社会性の欠如に発展していき、運動量の低下に伴う空腹感の欠如、食事が楽しめないなど、悪いサイクルに入っていきます。このような状態のことを「オーラルフレイル」と言います。

また、摂食嚥下機能の低下、口腔機能の低下も、栄養摂取量の低下に至ります。低栄養の存在はサルコペニア(筋肉減少症)につながり、活力低下、筋力低下、身体機能低下、活動度、消費エネルギーの減少、ひいては食欲低下をもたらし、さらに栄養不良を促進させる負のスパイラルを生み出します。

最初に述べた健康寿命を延ばすためには、フレイルの状態を放置せずに改善・回復していくことが、大切になりますね!

口の中から栄養を摂取するためには咀嚼が重要な要素になってきます。咀嚼器官としての歯の存在は栄養を摂取する意味では最も大切な器官です。動物は歯が無くなってしまうと死んでしまいますね。人間は義歯や、インプラントなど自分の歯が無くなってもそれを補うことができますが、できれば自分の歯が残っていて咀嚼できた方がいいですよね。1本の歯の崩壊から口の中のバランスが崩れてくることもあります。

高齢者を対象とした研究結果にこんなことが書かれていました。

「お口から食事を食べることが人生終焉までの最大の喜びであり幸福感につながることが認められた。」

要介護状態になると口から食事をとることも難しくなり、重症な摂食機能障害になりかねません。オーラルフレイルに陥らない為には、健康な時から予防していくことが大切ですね‼

余談ですが、入れ歯をしたままで就寝すると誤嚥性肺炎のリスクが高くなります。寝ているときには入れ歯は外しましょう。

フッ素入り歯磨剤について

こんにちは。中野区 新井薬師前駅徒歩4分 中野通り沿いにある歯医者さん コンデンタルクリニックの今です。

今日はフッ素入り歯磨き剤についてお話しさせていただこうと思います。

みなさんはいまお使いの歯磨き剤にはフッ素は入っていますか?お使いの歯磨き粉の成分表示にフッ化ナトリウム、モノフルオロリン酸ナトリウム、フッ化リン酸ナトリウム、フッ化第一スズなどの表示があれば、フッ素入りの歯磨き剤です。普通に市販で売られているものは入っているものが多いと思います。実は2017年3月に、歯磨き剤のフッ素濃度の上限が、諸外国と同様の1500ppmまでに引き上げられました。長い間日本の歯磨き剤のフッ素濃度の上限1000ppm。諸外国と比較すると明らかに濃度が低くかったようです。予防の進んでいるスウェーデンでは5000ppmのフッ素濃度のものをドラックストアで購入できたり、アメリカでも処方箋があれば、購入出来るそうです。

 

フッ素は(F)は私たちの身近な自然界にある元素の1つでもあります。お茶や魚介類など多くの食品にも含まれています。フッ素は、溶け出したカルシウムイオンやリン酸イオンを歯に戻す「再石灰化」を促進して歯を修復し、酸に強い丈夫な結晶にします。またムシ歯菌の活動を抑えて酸を作りにくくし、「脱灰」を抑制します。そして歯の表面をフッ素がコーティングする事で汚れや着色の付着を防ぐことも出来ます。

フッ素配合の歯磨き剤への考え方も随分変わってきたようです。

 

フッ素入りの歯磨き粉を使用すると、磨いている間の効果に加え、歯磨きした後で、口の中や粘膜に残ったフッ素が少しずつ唾液に混ざり効果を発揮し続けます。ムシ歯予防の効果を高めるには、長い間フッ素が口の中にとどまっていることが大切です。歯磨き後は10〜15ml程度のお水で1度洗口するだけで大丈夫です。

ただし、フッ素濃度が1000ppmを超える歯磨き粉は6才未満のお子様はフッ素症のリスクげあるため、お使いいただく事は控えて下さい。ただし、日本では飲み込んでしまっても人体には全く影響が無いように考えられていますので、心配はいらないと思います。

 

大人でも1度治療した場所や根元が露出してそこからムシ歯になる方もとても多いんです。根面からのムシ歯は、60〜70才代が最も多く、進行すると歯の神経にとても近いため、歯を失うリスクも上がります。フッ素濃度のあった歯磨き粉でみなさんも、ホームケアを楽しんで下さい。歯磨き剤も種類も味も用途も沢山あるので、数種類購入して、日によって使い分けてみるのもいいと思います✨