歯並びが気になる方へ理想に近づくマウスピース矯正


こんにちは。中野区新井薬師前駅徒歩4分中野通り沿いにある歯医者さん コンデンタルクリニックスタッフの野田です。4月に入り外の景色も空気も暖かくなりましたね!そして新しい環境で新しい気持ちで生活がスタートする方も多いのではないでしょうか。そこで、この時期だからこそご自身の口元もステップアップしてみてはいかがでしょうか。

それに因んで今回は目立たない矯正、マウスピース矯正(インビザGo)について取り上げたいと思います。笑った時や会話の際に見える前歯辺りの歯並びが気になるという方は必見です。この矯正は笑った時に見える前から5番目(小臼歯)までの歯並びを改善するものだからです。

“矯正”というと歯並びを治したいという気持ちはあるけど費用だったり痛みや期間の事について不安に思ってる方多いと思うのでマウスピース矯正の特徴をいくつか挙げたいと思います。

❶費用は高いだろうな…

矯正範囲が前から5番目(小臼歯)までの為奥歯までの全体の矯正に比べると安価で40〜45万程が費用になります。

❷長くかかるのは面倒だな、続けられないかも…

年単位のイメージが多いかもしれませんが、矯正装置の装着期間は半年程で歯並びの状態によって前後してきます。

❸矯正って痛くて食事もできないくらいって聞く…

このマウスピース矯正は取り外しができる装置です。食事の時は装置を外して食事をしていただきます。ただ矯正は長い時間装置を入れることによって歯が少しずつ動いてくれるので食事以外の時は1日20時間以上入れる必要があります。また痛みに関してこの矯正をされた患者様に聞いてみたところ歯が押されるような感覚はあったけど痛みはなかったと(多少個人差はあると思いますが)教えてくれました。

❹矯正中口元を見せたくない…

無色透明なので気付かれにくく近くでよく見ないと分からない程です。

マウスピース矯正が気になるけど記事を読んだだけでは自分の口元が実際どうなるのかイメージが湧きにくいと思います。そこでこちらに初めて来て頂ける方でも検診に来てくださる方でもスタッフがご相談に乗りますし歯並びが良くなったらどのような口元になるのか自分のお顔を撮影して簡単なビフォアフターを見る事ができます!ご自身のスマートフォンで無料で数分で見る事が可能なので是非声をかけて下さい。

それからこのマウスピース矯正には矯正ができる適応範囲というものがありますが、”マウスピース矯正で自分の歯並びが本当に良くなるか分からない”と思ってる方など歯を動かす距離が大きい場合でも、理想の100%まで届かなくても今より理想に近づいた状態まで改善できる可能性があります。矯正を始める前にまずは専用のアプリを使って適応可能か簡易診断を無料で行いますのでご相談下さい。また治療の流れ等の詳細もお話させていただきます。

今はこのご時世でマスクが当たり前の時期ではありますが、歯並びが改善したら鏡で自分の口元見たら嬉しい気持ちになりますし、もちろん歯磨きの際の清掃性も上がり歯周病や虫歯の予防にも大きく繋がります!マスクを自信持って外せる時も来ると思います!

CEREC(セレック)について

こんにちは。中野区 新井薬師前駅徒歩4分 中野通り沿いにある歯医者さん コンデンタルクリニックスタッフの桑原です。

こちらの12月の記事で医院長が紹介していた、CERECを使って補綴物の提供を先月から始めましたので治療の流れ等をご説明いたします。

CERECはセラミックスを使って被せ物・詰め物を作る機械です。

セラミックスの利点は審美的に優れていることもありますが、科学的処理によってお互いを接着することができるので一体化して虫歯になりにくいことです。

実は銀歯は歯と科学的に接着できないので、長い間に隙間ができて虫歯になったり歯が欠けたりすることが多くあります。

あとセラミックスは物質的に安定しているので、アレルギーの心配もありません。今残っている歯を長持ちさせる事を考えるとセラミックスは有効です。

実際の治療の流れです。

専用のカメラで撮影
型取りの時と同じように、上下の歯と噛んだ状態の情報を撮ります。

 

撮影が終わったらパソコン上で詰め物の設計をします。

どんな方向からも見られるので、ピッタリに作れます。

 

セラミックスのブロックを削って詰め物を作ります。

水をかけながら削るので見えないですが、左右から複雑な形を削り出しています。
削り出す時間は10分〜15分程です。

 

あとはブロックから切り離して磨き、いつも通り適合を確かめてセットしてこの日の治療は終わりです。

きれいにピッタリです。

 

ご自身の健康のための選択肢の1つに加えていただけたらと思います。

治療内容によっては1日で終わらないと判断した方には、数回に分けて治療させていただく事もあります。また噛み合わせ具合や部位によっては適応でない方もいらっしゃいますので、カウンセリングで詳しくお話させていただきたいです。

 

噛むことの大切さ

新年あけましておめでとうございます。

中野区 新井薬師前駅徒歩4分 中野通り沿いにある歯医者さん コンデンタルクリニックの今です。

昨年はコロナの影響を受け、生活する上でいろいろな変化がありました。大変だった事も多い中、色々と考え直す時間にもなり、いい変化もあったと思います。

私は特に外食が出来ない分、家で食べるご飯も出来るだけ美味しく食べたい!と思うようになりました。とは言っても、1日3食となると凝った料理は大変だし、運動量も減り、カロリーも気になるし…。結果、料理方法も味付けも以前に比べ、シンプルになりました。そして食事の際、いつもよりもよく噛む事を少し意識するようになりました。

普段、「噛む」という事を意識していますか?食べ物の「おいしさ」は、しっかりと噛みしめて味わうことによって感じられるものです。心や体を健康に保つ為に、口から食べてしっかり噛んで味わう、という事はとても大切だと思います。

最近の研究ではよく噛むこと(咀嚼)は様々な効能をもたらしてくれることが分かってきました。

①唾液の分泌が促進され、食道や胃の粘膜を保護し、食物の発ガン物質の働きを抑制する

②脳内血流が増加し、脳が活性化される

③エネルギー覚醒の高揚から、やる気が出る

④満腹中枢をコントロールし、肥満防止、糖尿病の予防になる

⑤顔面筋が活性化され、姿勢問題の防止、視力低下の防止になる

⑥食物を小さくし抗原性を弱めアレルギーの防止になる

⑦骨代謝を増進し、骨粗鬆症の予防になる

また小児では、硬いもの(噛みごたえのあるもの)をよく噛むと、脳の発育を活性化し、運動能力や体のバランスを向上させ口や顎の正常な発育を促します。そのため発育不全による睡眠障害、情緒的問題、虚弱体質などの予防にもつながります。

そして高齢者では、よく咀嚼しないと学習、記憶、自立度、認知、全身的な運動の持久力などの低下が見られ、気分の落ち込みにも関連する可能性があることも分かってきました。

「噛む」と言う事は人間にとって、身体的にも精神的にも大きく関わる、大切な行動と言えます。

「噛むこと」は歩くことや呼吸をすること同じで、特に意識しなくても自動的に行われます。でも、意識して早めたり逆に遅くさせたりさらに止めることもできます。

忙しくしていると、いつもの習慣で無意識に食事をしてしまいがちです。食事の際に「噛む」と言う行動に少し意識を向けて、毎度の食事もしっかり噛みながら、味わって食べる。体の為にも心の為にもしっかり噛んで食事をすると言うことをぜひ、心がけていきたいなと思っています。そして健康で穏やかな一年を過ごせたらいいなと思います。

みなさま、今年も宜しくお願い致します✨