知覚過敏とは?

こんにちは!中野区新井薬師前駅徒歩4分中野通り沿いにある歯医者さん、コンデンタルクリニックスタッフの丸山です。
気温が下がって寒くなってきたので、体調に気を付けて過ごしてくださいね⛄️

皆さん、冷たい水や物などで歯がしみる経験した事ありませんか?
今回は知覚過敏の説明と予防できる歯磨き粉についてお話したいと思います!

知覚過敏というのは、歯ブラシの毛先が触れた時や冷たい飲み物甘い食べ物を食べた時、冷たい風に当たった時などに感じる歯の痛みやしみる症状のことを言います。

原因は何個かあるのですが今日は4つ紹介します!
①歯肉の退縮
加齢、歯周病、過度なブラッシング圧などによって歯肉が下がってしまった時に、いつもは歯肉で守られていた所が露出してしまい刺激を受けることによって痛みを感じると言われています。

②歯の破折
打撲などにより歯が破折したり、残存歯に亀裂が入ってしまった所も知覚過敏の症状が現れることがあります。

③歯のすり減り
毎日使うので加齢に伴ってすり減ったり、歯ぎしりや食いしばりなども歯のすり減りの原因になります。表面のエナメル質が減って象牙質があらわになることで、知覚過敏の症状がでてしまいます。

④歯が溶けている
歯を覆っているエナメル質は酸で溶けてしまいます。
ダラダラ食べをする頻繁にしていたり、酸が強い食べ物を習慣的に食べていると知覚過敏に繋がります。

思い当たる事があったら気を付けてみてください😥

知覚過敏の症状は軽度なものでは期間が経過すると良くなる事もある言われています。

知覚過敏の症状がある方には、乳酸アルミニウム、硝酸カリウムの成分が入っている歯磨き粉をオススメしています。
露出してしまった象牙質に唾液や再石灰化成分の入った歯磨き粉を使うことによってしみる所を塞いでくれます。

冬は特に知覚過敏の症状が辛いと思うので、気になる方はぜひ使用してみてください!
コンデンタルクリニックでも購入できますので、気軽にお声がけ下さい😊

iTero element(3Dスキャナー)始めました

こんにちは。中野区新井薬師前駅徒歩4分、中の通り沿いにある歯医者さん、コンデンタルクリニックのスタッフの野田です。前回のお話でも少し触れていますが矯正に関しても新しい事を始めています。

コンデンタルクリニックではマウスピース矯正も行なっていますが、実際矯正をしてみたいという気持ちがあっても自分の歯並びがどういう変化をするのかある程度のビフォアフターが気になると思います。そこで最近導入した”iTero element”です。お口の中の歯並びや噛み合わせを3Dでスキャンし矯正の簡易シミュレーションが出来ます。この”iTero element”で自分の歯並びがマウスピース矯正の適応範囲内か、難易度や矯正後の歯並びを確認する事が出来ます。
(正確な矯正の治療計画にはまた別でお時間を頂きます。)


↑この様にビフォアフターを確認していきます。

また矯正を実際に始める際には装置を作るための型取りをしていきますが、今まではシリコンの材料で型取りだったのが機械で歯をスキャンするだけなので負担も軽減します。

私も歯並びにコンプレックスを持っていて実際にお口の中をスキャンしてもらいビフォアフターを見ました。簡易シミュレーションではありますが今の状態よりも理想に近づいた歯並びを見て矯正をしたいという気持ちが高まり、自分の口元がどのように変化するのか知る事が出来ました。
実際に矯正をするかはまずは置いておき、少しでも歯並びが気になってる方是非一度体験して頂きたいと思っています。気軽にスタッフにお声掛けください。

新しいことを始めています

こんにちは。中野区 新井薬師駅前徒歩4分 中野通り沿いにある歯医者さん コンデンタルクリニックのスタッフ 桑原です。

コロナウィルスが流行してから院内でなるべく飛沫が出ないように対策をしてきましたが、もっと安心して治療を受けてもらうために今年全てのチェアに口腔外バキュームを設置しました。

これでどうしても水を出しながら機械を使って取り除かなければならない患者様にも、短い時間で苦痛なく十分なケアができます。

そして2月からセラミックの補綴物を院内で作るためのシステムを導入して、補綴物メニューの種類が少し変更になりました。
被せ物ですとこれまであったハイブリッドセラミックとメタルボンドが無くなり、白い材料はセレック、オールセラミック、ジルコニアというメタルを使わない材料が多くなりました。
セレックは型取りから製作まで院内でできますので他の補綴物よりも期間が早くセットする事が可能です。
今日までに多くの患者様に選んでいただいてます。

また矯正でも新しいシステムを導入して、口腔内を専用カメラで撮影してから簡易なシミュレーションをその場で見ていただくことができるようになりました。(正確な治療計画と結果は精密検査が必要です)
なんとなく気になるけれど迷っているという方は1度シミュレーションをしてみてはいかがでしょうか。

その時々で求められるものは変わってきますが、私達はいつでもより良い治療を安心して受けていただくために努力してまいります。

歯磨き粉について

こんにちは。中野区 新井薬師駅前徒歩4分 中野通り沿いにある歯医者さん コンデンタルクリニックの歯科衛生士の今です。

先日、我が家の洗面所を整頓した時、自宅には試供品や子供のものも含め、数えてみたら、11種類の歯磨き粉がありました。私はそれを毎日、気分によって使っています。その日の食べたものや、好きな味や磨き心地などで選んだ歯磨き粉で磨き、次にフッ素入りのジェルで仕上げるのが最近の定番です。

先月、久しぶりに初めて使う歯磨き粉を購入しました。以前から雑誌などでみて、気にはなっていたのですが、なかなか冒険できず、購入せずにいました。


購入したのは、「MARVIS」と言う歯磨き粉です。イタリア製でフレーバーも7種類あります。パッケージも日本のものとは違い、箱入りでとても高級感もあり、クラシカルでオシャレです。海外旅行のお土産にされる方も多いようです。

フレーバーはクラッシックストロングミント、ホワイトミント、アクアティックミント、ジンジャーミント、リコラスミント、ジャスミンミント、シナモンミント。中でも、きっと定番だろうと思い、「クラッシックストロングミント」を選んでみました。味は外国製のほんのり甘みのあるミントのタブレットの味に似ています。ミントもSTRONG MINT言うほどではなく、私はきつく感じませんでした。フッ素は入っていませんが、泡立ちは思ったよりよく、汚れ落ちも良く、後味もよくサッパリした感じが長く持続します。家族にも好評だったので、定番に仲間入りしそうです。

 

いつも定期検診などで来院された方のお口の中で気づいたことやお話を聞いて、おすすめの歯磨き粉をお話しさせていただくことがあります。

虫歯のリスクが高い、着色が気になる、歯周病が気になる、知覚過敏がある、歯質を強くしたい、歯を白く保ちたい、口臭が気になる…などなど。人それぞれお口の中で気になることも違うと思います。歯磨き粉は1つ買って、使い切ったらまた購入する。と言う方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。1本だけでなく、数本用意して、その日によって、選んでみるのもいいなと私は思っています。歯磨き粉によって、味も磨いた後も違います。

まだ気になる歯磨き粉も沢山あるので、来院した方にご紹介できるように色々な歯磨き粉を試してみたいと思っています。

 

「歯科検診に行ってますか⁈」

こんにちは。中野区 新井薬師前駅徒歩4分 中野通り沿いにある歯医者さん コンデンタルクリニック院長の今です。5月に入って連休となり、4月新年度からの疲れもこの連休を使って一息つけそうですね。特に今年は昨年同様に緊急事態宣言が出ていますので、お休みの時間を有意義に過ごしたいと思います。

さて、今回は「歯科検診に行ってますか⁉」というタイトルでお話させていただきます。

先日、スポーツジムに行った時に、トレーナーの方がこんなことを言っていました。「この間、小学校以来久しぶりに歯医者に行ったら、虫歯ができていて、治療してきました。他にも、親知らずが虫歯になりかけているということで、抜いた方がいいかもしれないといわれてしまいました。」その方は、20代後半の方でしたが、うちに来る患者さんでも、今まで、ほとんど歯医者に行ったことがないという方もたまにいらっしゃいます。そのトレーナの方は、私が歯医者だということを知らなかったのですが、「歯医者さんは、痛いところがなくてもいった方がいいところなんですね!」と話していました。

病院=悪いところがあってから行くところ

確かに間違いではありません。虫歯に関しては、小中学校の検診で虫歯と診断される歯は少なくなってきています。最近では、虫歯よりも歯並び、かみ合わせが悪いというお子さんが増えてきているようです。高校生以上になってきますと、勉強や部活動などで忙しく、歯医者に行くとしたら虫歯で痛くなってからになってしまうかもしれません。あるいは学校検診で何か悪いところがあるので、「歯医者に行くように促されて行く」ということかもしれません。

成人の場合はどうでしょうか?

成人の場合は、虫歯もそうですが、特に歯周病のリスクが高くなってきます。歯周病はサイレントディジーズ:(静かなる病気)とも表現されるようにひどくなるまで病気と自覚されることが少ない病気です。そのまま放置しておくとその歯の寿命が短くなるばかりか、健康な歯にも悪影響を及ぼし、お口の中全体が悪くなってきます。また最近では全身疾患との関係も明らかになってきており、まさに「歯周病は万病のもと」と言えるでしょう。

成人になっても、会社によっては歯科検診を行っているところもあるのですが、最近はコロナ禍で歯科検診が先送りにされている学校や会社が多いようです。

成人になると歯周病のリスクが上がってきますが、歯周病はなかなかひどくなるまで症状が出ないということですから、虫歯も歯周病も痛くなってから来た時には、程度が大きくなっていて、大々的に処置をしなくてはいけないというようになってしまいます。

先程話したスポーツジムのトレーナーの方は、「病院は悪いところがなくては行ってはいけないところ」だと思っていたらしいですが、たまたま引っ越した近くに歯医者さんがあって、歯科検診を行っていることを知って行ってみようと思ったそうです。

歯医者≠痛いところがあってから行く

これが、悪くなる前に未然に防ぐことができる考え方だと思います。つまり歯科検診は、健康を維持するために必要な検診であるということです。

これは、55歳以上のシニア層を対象にしたアンケート調査ですが、健康面で1番後悔していることが、「若いころに歯の定期検診を受ければよかった」ということでした。

 

この表のグラフも80歳までに20本以上の歯を残しましょう。という「8020運動」というものがあるのですが、「問題があるときだけ受診」の方は80歳になると残っている歯が0本になってしまい、総入れ歯の状態になってしまいます。

また、最近は歯周病と全身疾患の関連性もさまざまなものが取りだたされるようになりました。その1つが歯周病とアルツハイマー病の関連性です。

マウスを使った実験で、アルツハイマー病の原因因子でもあるアミロイドβタンパク質の量が、歯周病に罹患したマウスでは、対象マウスに比べて著名に上昇を示し、脳内の炎症分子の上昇が認められたということです。

「このことから、歯周病という慢性炎症が、脳内に波及し、それがアルツハイマー病の原因因子であるアミロイドβの脳内レベルを上げて認知症を憎悪させていることが分かった」という実験報告がありました。

その他、歯周病になると、高血圧、糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞、早産などのリスクが高まるといわれています。

このように歯周病とはとても怖い病気ですし、悪くならないと症状として現れづらいので、歯科検診で早期にチェックしたほうがいいと思います。

歯医者は痛くなくても行っていいところ、もしくは検診に行くべきところではないでしょうか‼